住宅というのは、さまざまな形がある。例えば、注文住宅や建売住宅、分譲住宅、店舗併用住宅などである。建売住宅と分譲住宅は、同じ意味として使われることが多い。
注文住宅に関しては、施主の希望に合わせてオーダーメイドで住宅を建ててもらうことが可能である。しかし、あらかじめ土地を用意しておかなければならないケースが多い。とは言っても、最近のハウスメーカーや工務店の中には土地も一緒に販売しているところが多いため、あらかじめ用意していなくても大丈夫なこともある。

注文住宅は、細部にまでこだわりを見せることができるため理想のマイホームを手に入れることができる。この点が、最大のメリットとも言える。
そして、注文住宅のほかにも店舗併用住宅というものが存在する。この店舗併用住宅というのは、その名称からも分かる通り店舗と住宅が一緒になったものである。

この店舗併用住宅も、注文住宅と同様に細部にまでこだわって建ててもらうことができる。もちろん、事前に図面などを使って打ち合わせが行われる。それで、納得してようやく施工に移るというわけである。そのため、工期は全体的に少し延びる傾向にある。

ただ、この店舗併用住宅というのは、一般的な注文住宅などと比べるとさまざまな点に気を付けなくてはならない。その理由としては、店舗としての性能も発揮しなければならないからである。

情報site

ゼロエネ住宅でエコな暮らしを実現![ゼロエネ住宅を建てよう]
京都で注文住宅をお考えならこちらにお任せください。|株式会社ゆずデザイン